ワンピースキャラガイド

スリラーバーク

王下七武海の一人(当時)ゲッコー・モリアが所有する、内部に島を丸ごと乗せた世界一巨大な海賊船。巨大さ故に全貌を確認できず、一見島にしか見えないため「ゴースト島」とも呼ばれる。船首にあたる部分は巨大な口を模しており、この「門」から、狙った海賊船を島の周囲を取り囲む壁の内側に閉じ込める仕組み。ブルックによれば、「西の海」からやって来たという。 島には「ホグバックの屋敷」と、モリアの寝室やダンスホールなどがあるメインマストの「マスト屋敷」があり、2つの屋敷は「ペローナの不思議の庭(ワンダーガーデン)」をはじめとするいくつかの渡り廊下で結ばれている。舵は「マスト屋敷」の側面から突き出た巨大な滑車を鎖で操作する。 10年ほど前から「偉大なる航路(グランドライン)」前半の「魔の三角地帯(フロリアン・トライアングル)」を航行している。この海域は常に霧に囲まれており、影を抜かれたものが直射日光によって早期に消滅することを防ぐ役割を果たしているが、近くに奇妙な海流があるらしく、その流れに乗ると霧から出てしまう。政府からは、スリラーバークにおける「夜討ち」がザコ海賊を片づけるという名目で許可されている模様。 バークとは帆船の1種で、この施設が巨大な帆船であることを示している言葉であり、「スリラーパーク」や「スリラーバーグ」は誤り。作者曰く『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『アダムス・ファミリー』などの様々なゾンビ映画をモデルとしている。
ゲッコー・モリア
ゲッコー・モリア
ドクトル・ホグバック
ドクトル・ホグバック
アブサロム(墓場のアブサロム)
アブサロム
ペローナ(ゴーストプリンセス)
ペローナ