ワンピースキャラガイド

七武海(元含む)

世界政府によって公認された7人の海賊達。収穫の何割かを政府に納めることが義務づけられる代わりに、海賊及び未開の地に対する海賊行為が特別に許されている。海軍本部、四皇と並び称される「偉大なる航路(グランドライン)」三大勢力の一角。 メンバーの選定に際しては、強さだけではなく他の海賊に対する抑止力・影響力が重要視され、その顔ぶれには世界レベルの大海賊が名を連ねる。海賊でありながら政府に与する立場であるため、一般の海賊からは「政府の狗」と揶揄されることもあるが、その強さと悪名から非常に恐れられている。 何らかの理由で欠員が生じた場合、政府によって新たに認められた海賊が後継者となる。後任が選ばれる際には、政府からの勧誘を受けた者が加盟する場合と、七武海入りを望む者が自ら政府に実力を示し加盟する場合がある。七武海に加盟した海賊は、その時点で政府からの指名手配を取り下げられ、それまでの懸賞金も抹消される。また、配下の海賊にも恩赦が与えられる。 七武海は名目上政府と協力関係にあるものの、メンバーは曲者揃いで、それぞれが政府の監視の外で思うままに活動している。召集があっても全員が揃うことは滅多になく、たとえ揃った所で力を合わせることはまず考えられない。これは政府・海軍側でも周知事項のようで、互いに信頼関係はない。 モデルは史実上の海賊の一種「私掠船(プライベーティア)」。
ゲッコー・モリア
【元】ゲッコー・モリア
サー・クロコダイル
【元】サー・クロコダイル
ジュラキュール・ミホーク(鷹の目のミホーク)
ジュラキュール・ミホーク
トラファルガー・ロー(死の外科医)
トラファルガー・ロー
ジンベエ(海俠のジンベエ)
【元】ジンベエ
ドンキホーテ・ドフラミンゴ
ドンキホーテ・ドフラミンゴ
バーソロミュー・くま(暴君)
バーソロミュー・くま
ボア・ハンコック(海賊女帝)
ボア・ハンコック
マーシャル・D・ティーチ
【元】マーシャル・D・ティーチ