ワンピースキャラガイド

ロロノア・ゾロ/Roronoa Zoroの詳細

ロロノア・ゾロ
2年後のロロノア・ゾロ
2年後のロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロとはルフィの最初の仲間。両手の二刀に加え、三本目の刀を口にくわえて振るう「三刀流」の剣士。緑色の頭髪や腹巻が特徴。強敵と勝負する際には、普段は左腕に巻いている黒手拭を頭に巻く。左胸から右腹部にかけてミホークとの戦いでつけられた傷があり、新世界編からは左目にも傷がある。 「世界一の剣豪になる」という野望のためストイックに強さを求道している。船内では鍛錬を積んでいる風景が良く見られ、強敵や死線も己を高めるものとして好んで挑む。一切の甘えも妥協もない武士道精神を持ち、「背中の傷は剣士の恥だ」として、背後からの攻撃をあえて真正面から受けるなど己の命よりも信念を貫くことを選ぶ。 戦闘時は最前線に立つことが多く、敵組織のナンバー2や剣士を相手にすることが多い。主に三刀での技を操るが、一刀・二刀での技も多く持ち、さらには無刀によって強大な力の受け流しなども見せたことがある。さらに剣士でありながら徒手空拳や蹴りで敵を倒したり、素手で相手を封じ込んだことも幾度かある。数々の死闘を繰り広げたことで「呼吸」を知り、アラバスタ編以降は鉄をも切断することが可能になる。エニエス・ロビーで初使用した「九刀流 阿修羅」でさらに技のバリエーションが増えた。新世界編からは、ガレオン船やかつては苦戦したパシフィスタをも一刀両断するほど剣の腕を挙げている。普通とは逆に、刀を腰の右側に挿している。三刀流で戦う時に刀をくわえながらでも話せるが、これは作者曰く「心意気」とのこと。 海軍や他の海賊団には一味のナンバー2として認識されている。実際に一味が窮状となった場合は、ゾロの冷静で峻厳な姿勢が一味の引き締め役となり進む道を決定づける。ルフィを船長として立てて厳しく支えながらも、その決断には信頼を置き黙って従う。ウソップが復帰しようとしていた時には、彼を甘やかして迎えに行こうとしたルフィ達を制止し、ルフィの船長としての威厳を失わせないようにする為、ウソップが謝らない限りは絶対に復帰を認めるべきではないことをメンバーに戒めている。スリラーバークでバーソロミュー・くまがルフィを始末しようとした際には、野望を捨て自分が身代わりになると買って出た。 基本的にはクールだが、どこか抜けている所も多々ある。極度の方向音痴で、仲間が目を離すとすぐにどこかへ行ってしまうが、本人に自覚は一切ない。また暇さえあればどんな所でも寝ている。致命傷級の重傷を受けることが多いが、本人曰く「どんな重傷でも寝れば治る」らしい。酒好きで、一味ではナミと並ぶ酒豪。サンジとは相性の悪さからいつも喧嘩をして「マリモヘッド」「クソ剣士」「クソマリモ」などと渾名をつけられているが、戦士としては互いの実力を認め合っており、非常時の際の呼吸は抜群に合っている。しかし彼の名前を呼んだことは未だにない。 名前の由来は、実在の海賊フランソワ・ロロノア。
ワンピース MASTER STARS PIECE THE RORONOA.ZORO 全1種 ゾロ
ワンピース MASTER STARS PIECE THE RORONOA.ZORO 全1種 ゾロ
Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again ロロノア・ゾロ
Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again ロロノア・ゾロ
名前 ロロノア・ゾロ 英語表記 Roronoa Zoro
異名 海賊狩りのゾロ 英語表記 Pirate Hunter Zoro
悪魔の実 懸賞金 6000万→1億2000万B
出身地 東の海 / シモツキ村 登場巻話 1巻3話
戦闘方法 ■三本の刀 ※三刀流剣士
■覇気
役割など ■戦闘員 ■剣士
■"最悪の世代" と呼ばれる内の一人(英語 The Worst Generation)
■11人の超新星(英語 Eleven Supernovas)
■麦わら海賊団に入る前は海賊狩りの立場で、ヨサクとジョニーの二人とはその頃一緒に仕事をしていたようです